愛媛大学 -障害者の生涯学習支援-

事業概要

愛媛大学教育学部では、2019年度より、文部科学省「障害者の多様な学習活動を総合的に支援するための実践研究事業」を受託しました。本事業では、大きく分けて下記2つの取組みを行います。詳細については、各ページをご覧ください。

1.「訪問カレッジ・オープンカレッジ@愛媛大学」

重症心身障害児者等の卒業後の学習機会を提供します。
○チラシはこちら

○リーフレットはこちら

 

◎訪問カレッジ

利用者の自宅等、利用者が安心できる場所にスタッフが訪問し、学習機会を提供します。

◎オープンカレッジ

訪問カレッジでの個別の学習内容を、他の利用者と共有します。

2.「コンファレンス」

「共に学び、生きる共生社会」の実現を目指し、全国各6ブロックで実施されます。愛媛大学は、九州・四国・沖縄ブロックの事務局を担当しており、2019年12月21日(土)に愛媛大学城北キャンパスを会場として開催します。

詳細はこちら

「ごあいさつ」

愛媛大学教育学部 苅田知則研究室では、学習に困難のある生徒・児童に対し、ICT機器を活用した支援等を行ってきました。今年度からは、新たに文部科学省より「障害者の多様な学習活動を総合的に支援するための実践研究事業」を受託し、障害者の卒業後の学習支援の取り組みも始めることとなりました。一生涯に渡って学び続けることは、生きる力を養い、ライフスキルを向上させることにも繋がります。学校の中だけでなく、卒業後も学習する機会を提供することで、障害の有無にかかわらず、誰もが「共に学び、生きる共生社会」を実現できるよう、今後も活動に取り組んで参ります。
事業代表 苅田知則(愛媛大学教育学部 准教授)

お問い合わせ

愛媛大学教育学部苅田研究室(担当:村上)
TEL: 089-927-9517(対応時間:平日10〜18時)
Mail: 訪問カレッジ・オープンカレッジ 
コンファレンス 

What's New

訪問カレッジの2020年度版チラシが完成しました!

「共に学び、生きる共生社会コンファレンス@愛媛大学」の情報を掲載いたしました。

ホームページを公開いたしました。